テニス肘(スポーツ障害)

ホーム  »  症例事例  »  テニス肘(スポーツ障害)

テニス時の肘の痛み

40代 女性 主婦 様


問診・検査

1,2年前から右肘の外側が痛み出し、ここ2週間ほど前から耐え難い痛みとなってきた。
テニスは15年前から始め、現在も趣味として週3回ほど行っているが、近く試合があり、
そのための練習に熱が入っていた模様。バックハンドで打つときに痛みが走る。

 

1回目

急性炎症を起こしている可能性が高く、まずは患部の冷却から行う。
前腕筋群中にトリガーポイントの存在を確認。前腕筋群のストレッチを加え、
併せて上腕、首肩周りの筋肉を調整後、頚椎を操作する。
施術後、手先まで続くような違和感は軽減された。

 

2回目(初日から2日後)

痛みは引いてきたが、夜などに強く症状がでる。テニス中もまだ痛みは出る。
前回同様のアプローチにて施術。加えて、練習前後には入念にストレッチし、
終了直後には患部を冷却するよう指導。

 

3回目(初日から5日後)

まだ痛みはあるが、入念にストレッチをして練習をした結果、
痛みに耐えられるようにはなってきたとのこと。
患部が痛んだ時は、自分でも押圧を加えたり、冷却を行ったりしている。
前回同様のアプローチにて施術。

 

4回目以降 

疲れたときなどは痛みが出ることもあるが、痛くなったときに適切なセルフケアを
行うことにより、自分で痛みのコントロールができつつある。
急性期を脱したと思われるので、今後は患部の温熱も加え、引き続き、
予後を観察しながら治療中。

 

総括 

テニス肘は、テニスなどのスポーツのほか、重労働、家事などによって肘関節、
とくに外側に痛みを生じる疾患のことを指します。
放置による自然治癒は難しいですが、適切なケアをすることにより、
改善しやすくなります。
Aさんの場合は、ご自身でもしっかりとセルフケアをしていただいたことにより、
改善のスピードも速くなった印象があります。

あかり整体院
神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-38-17
受付時間:平日 9:00~19:00/ 土・日 9:00~16:00
定休日:不定休
電話番号:0467ー38ー4408

鎌倉市立七里ガ浜小学校から徒歩1分の整体カイロプラクティック院です。腰痛・肩こり・骨盤矯正・ぎっくり腰・ヘルニア・五十肩・冷え性・生理痛や産後の骨盤矯正などにも対応いたします。鎌倉駅から電車で14分、江ノ電七里ヶ浜駅徒歩7分。駐車場も敷地内にありますので、お車の方も是非ご利用ください。

ページの先頭へ